$ find .
./src
./src/template
./src/template/__init__.py
./src/template/template.py
./src/setup.py

$ less ./src/setup.py

from setuptools import setup, find_packages

PACKAGE = ‘TemplatePlugin’
VERSION = ‘0.1’

setup(name=PACKAGE,
version=VERSION,
packages=find_packages(),
entry_points={‘trac.plugins’: ‘%s = template’ % PACKAGE},
)

setup.pyがtemplate.pyを見つけるまでのどこかで以下を実行させる

(例えば./src/template/__init__.pyに以下を書く)

from template import *

リソースをバージョン管理システムに突っ込むのを忘れない

setuptools より

setuptoolsでパッケージにデータファイルを含めるよう指定する方法は、3つあります。最初の方法は、単にinclude_package_dataキーワードを使用する方法で、すなわち:

from setuptools import setup, find_packages
setup(
    ...
    include_package_data = True
)

これで、setuptoolsはパッケージ内で見つかったすべてのデータファイルをインストールします。データフぁいるはCVSSubversionの管理下になければならず、あるいはdistutilsのMANIFEST.inファイルで指定されていなければなりません

カテゴリー: 技術情報

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。