高校の時、プログラミングについて全然わかりませんでした。ゲームのおかげでコンピュータの知識を少し知っていました。その時、中国はコンピュータ技術で開発するのが始まったばかりですから、みんなよくわかりませんでした。両親の意見に従って、大学を進学した時、コンピュータ科学技術を専攻として選びました。これから、僕のコンピュータ生活が始まりました。

でも、大学の時、コンピュータをあまり使わなかったんです。プログラミングをした時、ずっとペンで書いていました。今まで、プログラミングの時、まだペンを使っています。コンパイラに比べて、けっこう自信がある!!!

PS

このコンピュータ科学技術専攻は皆さんが知っていることが全然違います。大学の4年間、プログラミング言語はPascal, C, Assembly、数学はDiscrete Mathematics, Linear Algebra, Calculus, Probablity and Statistics, Numerical Analysis Mathematics、他はデータベース, Data Structure, Compiler Principles, Formal Languages and Automata, Computer OS, Computer Network, UMLなどです。さまざまな分野のコンピュータ科学技術に関する知識を勉強しました。

カテゴリー: ニュース

1件のコメント

koreyasu · 2007-05-25 09:59

基礎部分をみっちりという感じですね。
うちの大学でも似たような感じだと思います。
ただ、数学系の技術をもっと抑え目で、言語がJava、Prolog、Lispなど追加。
あとは人口知能系の話とかかなぁ。

私は中退したのであまり分かっていませんが(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。