アプリケーションから特定のヘルプの特定のページにリンクを張る事ができます。
この機能を「状況依存ヘルプ」と呼ぶようです。
この機能を利用するためには、ページにIDを振る必要があり、hhp上で下記のように指定されます。

[MAP]
#define IDH_TEST 1001

[ALIAS]
IDH_TEST=test.html
こんな感じで、test.htmlを1001と定義します。
#define自体は、c++の頃の名残(ヘルプファイルとアプリケーションで、同じヘッダファイルを使う事ができる。)のようで、C#.NETからは利用できないようです。

この定義をした.chmファイルを呼び出すたすためには、

Help.ShowHelp(this, "hogehoge.chm", HelpNavigator.TopicId, "1001");

これで、直接呼び出す事ができます。

さて、、MAP,ALIASセクションの自動生成部分を作らないと・・・Orz

カテゴリー: 技術情報

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。