作成したアプリケーションのヘルプを作らなければならないのですが、どうにもこうにも使いやすいヘルプっていうのは見かけません。結局ヘルプって、開発者側…しかも技術者が作っちゃう事が多いので、独りよがりなものになりやすいんですよね。(専門部署があるようなところは、見栄えや構成は良いかもしれませんけど、きれいなだけで薄いものが多い気がします。)

というわけで、目指すところは、

  • 利用者側が後から好きに追記ができるようなヘルプ。
  • 利用者は複数人数・複数サイトになるので…、情報を集約するためのサーバーはまず必須。
  • 手軽さがなければ追記をしようと思わないので…、Webブラウザを利用した編集ができるように。
  • ネットワークの無い環境でも利用できる。(chmファイルでの提供)

これが最低限の条件になります。

できるだけ、既存の環境を利用してという事を考えて、今のところ考えているのは、

  • trac上でコンテンツの管理(すでにお客様と共同で利用している。)
  • ヘルプは、trac-wikiで記入する事ができ、trac上でもヘルプとしてみる事ができる。
  • 専用クライアントで、trac上のページをDLしhhc.exeを使ってchmファイルを作れるように。
    pukiwikiから作るようなものはすでにあるぽい。
  • ヘルプにはPowerPointで図を加えたSSを良く利用するので、直接PPTのスライドをwikiページに挿入できるプラグインを作る。(mizunoさんに依頼)

しばらくがんばってみます。

カテゴリー: 技術情報

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。