備忘を兼ねて

  • DataSource
    • SelectCommandに対して、更新、削除対象のキーに当たるものを含ませる。
    • Update/DeleteCommandに対してパラメータを追加する。
      パラメータの名称はSelectCommandでキーに指定した列名になる。
  • GridView
    • DataKeyNamesにキーを設定する。
    • キーを表示したくない場合は、Visible=Falseとする。

SelectCommandで指定するクエリーが単一テーブルならここまでしなくても自動でできるかも?
今回は複数テーブルからのSelect→Update/Delete対象のテーブルが不明だったので、独自対応。

カテゴリー: 技術情報

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。