GCC/C++はプログラムを実行形式プログラムへ翻訳するために、プログラムの変数をコンピュータのレジスタへ対応させます。
現在のGCCバージョンでは、この対応をグラフ彩色問題としてとらえる手法が使われています。
グラフ彩色問題を解く際に使われるヒューリスティクス関数をカスタマイズし、より効率的な実行形式プログラムを生成できるように改良しました。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。