このシステムは海を埋め立てて建設された建物の柱の浮き沈みから建物の危険個所を診断します。
現在も国際空港で利用されています。
このシステムは柱に設置された計測器の情報から沈み方や過去と現在の沈み方の差を分かりやすく三次元表示します。

カテゴリー: 開発事例

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。